ブログ

(よもやま話)裁判所での民事裁判の大半は、判決では終わらない?!

(Facebookページに、2011,6,24に投稿した記事を転載したものです。)
こんばんは。猛暑に襲われた日本列島、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ところで、テレビなどで民事裁判などが報道される場合、原告弁護士団などが「全面勝訴」とか、「不当判決」といった布を持って裁判所玄関などに登場する場面がよく流されますので、裁判所に民事裁判が提訴された場合、最終的には「判決」で決まる、という印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか。

しかしながら、現実は異なります♪

仮に10件民事裁判があったとして、最終的に判決で決着がつくのは、2件あるか無いか程度であると思います。それでは、それ以外の8件についてはどのような決着がついているのか疑問をお感じになることでしょう。結論は、「裁判上の和解」です。

裁判所は、民事裁判で事案の審理が一定程度進むと、「和解の席につくお考えはありますか?」と尋ねてこられることが多いです。原告・被告当事者間の紛争において円満に解決できるのが一番望ましい、という考え方(早期解決も含めて)、あるいは、判決を書くのは大変だから、といった本音もちょっとはあるかもしれません^^;(1人の裁判官が抱えている事件数は相当量にのぼります)。

その席上で、裁判所から両当事者に個別に、「裁判所としては、これぐらいの線が妥当だと思いますが」といったような、その時点での、その事案における裁判所の心証が示されますので、両当事者としても、「その線」は無視できないわけです。特に、証人尋問も終わって、後は判決を待つのみ、といった段階での裁判所からの和解勧告は、まさにその判決を書くことになるであろう裁判官から一定程度の心証が開示されるわけですから、「判決になった場合はこれぐらいの金額になりそうだ。」といったことが、当事者でおおよそ掴めるわけです。

ただ難しいのは、心証をはっきり開示なさる裁判官もいらっしゃれば、あまり開示なさらない裁判官もいらっしゃるので、「その線」が掴みづらく、裁判官の発言を注意して聴きながら、経験則でおおよその判断をしていくことになります。

そのようななかで、「裁判上の和解」が成立する場面は多くなります。なお、「裁判上の和解」で作成される「和解調書」は、判決と同じ拘束力を持ちますので(万一、和解条項に記載された内容が実行されなければ、強制執行もできることになるなど)、法律上問題はありません。逆に、判決とことなり、和解条項には色々な条件を入れることができますので(たとえば、判決になれば一括払いになるところが、和解であれば分割支払いになったりなど)、円満解決に資する場面も多くございます。

ご参考になれば幸いです♪

関連記事

  1. 「出所不明金の会社資本金を持ち逃げは?」

    実話であるが釈然としない話、バブル終焉時代の有限会社で起きた

    経費乱発使用するワンマン会社社長に「出所&使用途不明金が月額

    100万円~300万円で発生」異様さへ気がついた社員がお金の出所

    及び使い道を尋ねても”俺は社長だから答える義務無い!”を通され

    ある日、会社金庫へあったお金を持ち逃げ。支払い滞っていた所へ

    支払い済ませ残り社員全員とそこを退社、新会社設立した。

    ”金庫からお金盗まれた、俺のお金!”と騒ぐ元社長は警察に被害

    届けも出すわけでなく持ち逃げした相手に返せ!の一点張りだが相手

    のほうは弁護士立てて訴訟で勝つ、理由は元社長言い分を証明する証拠物件(領収書がない等)や他の社員が皆、「公私混同の会社経費乱用で出所不明金について質問したときにとっていた対応が全く同じ証言得た決め手」もある。にもかかわらず、この元社長(自称)は会社

    あたかも経営し取引先倒産してお金ない話を初対面人間でさえもすぐ

    してくる。下手をすればこれは詐欺行為?こう解釈出来るが?。

    *:おまけ:この元社長は弁護士との相談時に出所不明金がどこから出て何に使用したか?尋ねられてもあいまいにはぐらかし決して答えず相談受けた弁護士はその時点で「人間として問題あるので私の弁護ではどうにもならない」と断られたらしい、まあ世間常識では当然に思う。初対面弁護士に言いたい放題はなして「さてビール飲みに行きましょう!」そんな無礼する相談者いると呆れると思う。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 遺言書の文面全体の左上から右下にかけて、赤色のボールペンで1本の斜線が引かれていた場合の、遺言書の効...
  2. 早いもので今年も,プロ野球はシーズン公式戦を終え,日本シリーズを残すのみとなり,ドラフト会議を間近に...
  3. こんにちは。
ページ上部へ戻る
this site uses the awesome foot notes Plugin