ブログ

【震災・相続】相続放棄等の熟慮期間を延長する法律の成立・施行​について

(Facebookに2011,6,23に投稿した記事を転載したものです。古い情報ですが申し訳ありません。)

民法では、被相続人(死亡した方)に大きな負債があったような​場合、相続人がその負債を相続しないように相続放棄(=相続人が​被相続人の権利や義務を一切受け継がないこと)を受けるためには​、「自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月​以内」に「家庭裁判所に申述しなければなりません。

しかしこの度、東日本大震災の被災者である相続人につき、相続​の承認又は放棄をすべき期間を平成23年11月30日まで延長す​る特例法ができ、6月21日に施行されました。

特例法の適用を受けるためには、「相続人自身」が所定区域に住​所を有していた被災者であることが必要であり、被相続人(死亡し​た方)が被災者であるか否か、相続の対象となる財産が所定区域に​あるか否かは、関係ありません。

添付のリンク先に、Q&Aがまとめられておりますので、被災者​の方々は是非ご参考にされて下さいませ。

⇒  (法務省) 東日本大震災の被災者である相続人について,相続放棄等​の熟慮期間を延長する法律が成立しました

関連記事

  1. 掲載文章一部引用での感じたこと、「民法では、被相続人(死亡した方)に大きな負債があったような場合、相続人がその負債を相続しないように相続放棄(=相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がないこと」=これを逆に”死亡前から(病気保有)の被相続人が持つ大きさ債務(国からの差し押さえ来るようなもの)を、相続人が相続放棄出来ないような脅迫電話をしたりとかでは、”民法での対応はどうなのか?”と考えた。同様行為する人間存在を聴いたことがあり被害者?共通点は女性多い特徴だったのを考慮するとまだまだこの分野は多くの課題があるのかもしれませんね。生命保険必要なほどの立場ではありませんが知っておいて役立つ知識・情報に変わりないです。

    • オオタ ヒデキさま、お返事がとっても遅れてしまい失礼申し上げました。
      ご指摘のこと、確かに起こらないとは言えないですね。
      その場合、ある程度は柔軟な解釈で救済することはできるとは思いますが・・難しい問題ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 遺言書の文面全体の左上から右下にかけて、赤色のボールペンで1本の斜線が引かれていた場合の、遺言書の効...
  2. 早いもので今年も,プロ野球はシーズン公式戦を終え,日本シリーズを残すのみとなり,ドラフト会議を間近に...
  3. こんにちは。
ページ上部へ戻る
this site uses the awesome foot notes Plugin