ブログ

(よもやま話)民事裁判は傍聴していてもつまらない?

(Facebookに2011,2,7に投稿したコラムを転載したものです。)

裁判員制度が始まってから、一般の方々の裁判傍聴も始まった感がございます。

しかしながら、いわゆる裁判ドラマのような法廷を観ることができるのは、刑事事件のみ。

民事事件で、一般の方が傍聴できる口頭弁論手続(普通の法廷で行われる手続)では、「書面主義」が採られておりますので、主張は全て書面で行いますので、原告・被告間で主張書面と書証(証拠)を提出し合って、次回期日までに双方が進めるべきことを決定して、次回期日を裁判所と決めるだけ。1事件5分程度以内で終わってしまいます(証人尋問の時は別)。

したがって、もし裁判傍聴をなさる時には、刑事事件を傍聴なさることをお薦め致します!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. b0fd26989e5adb2ae2321f5dc23569fb_s
    遺言書の文面全体の左上から右下にかけて、赤色のボールペンで1本の斜線が引かれていた場合の、遺言書の効...
  2. 20150824KONA
    早いもので今年も,プロ野球はシーズン公式戦を終え,日本シリーズを残すのみとなり,ドラフト会議を間近に...
  3. sTallinn012
    こんにちは。
ページ上部へ戻る
this site uses the awesome foot notes Plugin