ブログ

【知財】 いわゆる「切り餅訴訟」につき、知財高裁の中間判決が出ました。

切り餅の側面に切り込み(スリット)を入れて、餅が焼いて膨らんだ時に表面が破れないよう工夫した特許権が侵害されたとして、「越後製菓」が、「佐藤食品工業」に対し「サトウの切り餅」など5商品の製造・販売差し止めや14億8,500万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、知財高裁(飯村敏明裁判長)は本日7日、「佐藤食品工業」の特許権侵害を認める中間判決を言い渡しました。

下記日経新聞記事に、「中間判決」手続きを含め、分かりやすく説明がなされておりますので、ご参考になるかと存じます。

⇒ 切り餅訴訟、サトウの特許侵害認める 知財高裁中間判決(日経新聞)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 遺言書の文面全体の左上から右下にかけて、赤色のボールペンで1本の斜線が引かれていた場合の、遺言書の効...
  2. 早いもので今年も,プロ野球はシーズン公式戦を終え,日本シリーズを残すのみとなり,ドラフト会議を間近に...
  3. こんにちは。
ページ上部へ戻る
this site uses the awesome foot notes Plugin