ブログ

【交通事故】歩行者と自転車との接触事故について-歩行者の背後から自転車が向かってきた場合

こんばんは。金曜(日付変わって土曜ですが)深夜、いかがお過ごしでしょうか。
東京地方は、かなり冷え込んでいるようでございます。北海道、北陸の皆様、大雪に十分お気をつけ下さいませ!

今宵は、最近ブレーキのない自転車の取り締まりや、車道走行原則等々でニュースを賑わせております、自転車と歩行者の接触事故について、簡単に取上げさせて頂きたいと存じます。

自転車と歩行者の接触パターンには、色々なケースがありますが、先行する歩行者の背後から自転車が同方向に向かってきた場合などの事故が多々発生しておりますので、これを取り上げたいと思います。

昨今ニュースでも言及されておりますとおり、道路交通法では、歩行者道と車道との区別がある場合、自転車は原則として車道を走行する義務を負っております。
また、例外的に自転車が歩道を通行することが認められる場合であっても、自転車は車道寄りを徐行して走行する義務や、歩行者の妨げになるときは一時停止する義務を負っております。

歩行者と自転車が同一方向を走行している場合、通常は歩行者が前にいて、自転車が後ろから歩行者に接触するという事例が一般的ですが、このような場合、歩行者の方には、事故発生の予見可能性や回避可能性が認められませんので、原則として、歩行者側が過失相殺を受けること(一部事故の責任があると認められること)は無いということになります。
これは、自転車がベルを鳴らしていたとしても、歩行者には自転車に道を空ける義務はありませんので、結論は変わらないと思われます。

なお、歩行者と自転車との事故、自転車同士の事故につきましては、
「自転車事故 過失相殺の分析」((財)日弁連交通事故センター東京支部 過失相殺研究部会)-※amazonで購入可能-の書籍が最も詳細に分析、検討を行っていると思いますので、実務家の方は是非ご参考になされればと存じます。

※ 写真につきましては、無料素材を提供している、「pro.foto」さんより頂戴しました。

関連記事

    • 平田 旭
    • 2011年 12月 17日

    自転車の問題については、最近報道でもよく取り上げられていますね。私が感じるのは、自転車問題の内容が「東京視点」ではないかなということです。原則として歩道が3mないと歩道通行可にしないというのが示されていますが、地方部には3mの歩道はまれですし、車道も狭いので、自転車が車道を通行することによって交通事故を誘発するのではないかと思います。ついでに言いますと、歩道も人の通行がまばらだったりします。あとは手信号、あれは現実に即していませんよね、道交法の改正を望みます。

  1. 平田様
    コメント頂戴し有難うございます。
    私も東京に生まれ育っているので、平田様のご指摘には気づきがありました。
    有難うございます。
    現状に即した立法、規制が必要ですね。

    • 和田有功
    • 2011年 12月 22日

    友人が先日、雨脚が早くなったころ、読売新聞社の配達様自転車に跳ねられてしまいました。坂を下りきった横断歩道上でした。歩行者用の信号が青でしたので渡り始めたところ、ノーブレーキ事故にあいました。先生から問題点を頂いた後、お知らせしてあります。ありがとう御座いました。

  2. 刑法208条の2の件でお伺いします。「アルコールあるいは薬物」の薬物には向精神薬は該当するのでしょうか?たとえば市販の風邪薬でさえ、「服用後は運転をお控えください」とありますが、たとえば障害者雇用において精神障がい者が常時服薬しているにもかかわらず、運転をする職務に従事する場合、医師の診断書が必要となるかと思います。この場合、やはりその薬物がどのような作用を引き起こすか、そして人身事故を引き起こした場合、責任の所在はどうなるのでしょうか?

    • 私は免許を持ち、かつ一切の服薬はしていませんが、ハードコンタクトレンズがずれるのが怖いため、一切ハンドルは握りません。一方、ソフトレンズは目に良くないというのでハードを愛用しています。殿方に乗せていただき、横から運転技術を揶揄するのが大好きです。

    • Aki Kobayashi さま

      ちょっと私も調べさせていただかないと、この場で適切なご回答ができかねますので、その点ご容赦下さい。
      ただし、一般的には、病院で処方されているような向精神薬等は該当しないと考えられると思います。
      ただし、ご自身がある病に罹患しており、その副作用や病気の症状がでたことにより交通事故を引きおこぢた場合、運転者には事前にそのような認識のうえで自己を回避することが可能だったわけですから、その被害を被害者に負わせることは衡平の観念を欠いていると考えます。

  3. You’re the grtsteae! JMHO

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 遺言書の文面全体の左上から右下にかけて、赤色のボールペンで1本の斜線が引かれていた場合の、遺言書の効...
  2. 早いもので今年も,プロ野球はシーズン公式戦を終え,日本シリーズを残すのみとなり,ドラフト会議を間近に...
  3. こんにちは。
ページ上部へ戻る
this site uses the awesome foot notes Plugin