ブログ

【IT・刑法】インターネット上における信用毀損罪などについて

三連休の終日、そしてクリスマス当日夕方、いかがお過ごしでしょうか。
クリスマスツリーの映像は、本日までは季節外れにならないのですよね?^^;。
(数年前、新千歳空港のJR駅で撮影した画像です)

ところで本日、ツイッターを閲覧しておりましたところ、下記のような某企業公式メッセージが流れました。

「(野村證券)グループ広報部長の池田です。評論家と名乗る人物が、ネット上にて断定的に当社の破綻について語っているようですが、根拠のない憶測であり、現在、法的な対応を検討しております。お騒がせいたしました。 #野村證券 #野村ホールディングス 」
(個人名、企業名も出ておりますが、ツイッターで公に表示されたものであることから、そのまま表記させて頂いております。)

このメッセージで指摘されている、「評論家と名乗る人物」が、インターネット上で語ったとされる記事内容については、既にネット上から削除されており、私自身も確認することができませんので、詳細な言及は差し控えなければと思いますが、内容如何によっては、信用毀損罪などが成立してもおかしくないと考えております。

しかし、インターネット、ツイッター、Facebook、Google+等の様々なネット媒体、SNSが広く普及している現在におきましては、その中における企業等に対する発言が、内容如何によっては信用毀損罪、業務妨害罪、名誉毀損罪等に抵触する可能性があることを十分に留意しなければならないと感じます(勿論、個人に対する発言も、名誉毀損罪、侮辱罪等に抵触しえます)

 ○×企業の資金繰りが苦しい、○×企業が破綻する、○×企業の商品に欠陥がある、等の情報のインターネット上での流布が、虚偽の情報であった場合、たとえ流布した人が単なる好奇心や悪戯心等でやったに過ぎないとしても、現在のインターネット情報の広範な流布の現実的可能性に照らせば・・・

虚偽の情報を流し、当該企業や人の「信用」、すなわち、支払能力等の経済的能力に対する一般社会からの信用・信頼を低下させる行為を行ったとされる場合には、現実に「信用」が失われなくとも、「信用」を失うおそれがある状態が生じたときには、「信用毀損罪」(刑法233条)が成立することになります。

また、虚偽の情報を流し、当該企業や人の継続的業務(営利を目的としない継続的業務もこれに含まれます)の正常な遂行等に支障を生じさせるおそれのある状態が生じた時には、「業務妨害罪」(刑法233条、234条)が成立することになります。

「名誉毀損罪」(刑法230条)については、ちょっと難解な部分もあり申し訳ないのですが、「不特定または多数人が知りうる状態」(少数の限定された仲間内でパスワード等をかけてチャットをする場合等は別論、インターネット上の発言は通常これに該当することが大半です)、具体的な「事実の摘示」(真実であっても)を行うことにより、人(法人を含みます)の社会的評価(=「名誉」の解釈)を低下させるおそれのある状態が生じた時に成立することになります。

⇒ 但し、名誉毀損罪には解釈上、名誉毀損罪が成立しない例外がございまして、
    公共の利益に関する事実について
・ 摘示した事実が真実であるとの証明を裁判で立証した場合   あるいは、
・ 真実であるとの立証ができなくても、真実であると信じたことについて確実な資料、根拠に照らして相当な理由があると認められる場合
には、名誉毀損罪は成立しないとされております(最高裁判例)。

以上、インターネット上の書き込み等に際しまして、ご参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 参考になりました。この関係で加害者になったことも、被害者になったこともありませんが、特に名誉毀損は解釈が難しいと感じています。

    • 徳久さま

      コメント有難うございます♪
      仰るとおり、名誉棄損罪の解釈は難しいですね。
      今回は、名誉毀損罪に焦点を絞らないコラムでしたので、今度機会がございましたら、名誉毀損罪に絞ったコラムが書ければと思っております。
      有難うございましたm(_ _)m。

  2. 信用毀損罪については、成立範囲が拡がっているようですよ。「某社のオレンジジュースに異物混入!」と通報すれば、信用毀損罪です。

    本条が定める信用毀損罪は、経済的な側面における人の社会的な評価を保護するものであり、同条にいう「信用」は、販売される商品の品質に対する社会的な信頼も含む以上、人の支払能力または支払意思に対する社会的な信頼に限定されない。販売されるオレンジジュースに家庭用洗剤を混入した上で、異物の入った商品が陳列・販売された旨の発表を報道機関にさせた場合には、粗悪な商品を販売しているという虚偽の風説を流布して、当該商店が販売する商品の品質等に対する社会的な信頼を毀損したものである。(最判平15・3・11刑集57-3-293)

    • 奥村先生

       丁重なフォローアップをして下さりまして、有難うございます♪
       仰るとおり、ご指摘の刑事最高裁判例によりまして、「信用」の部分が広く解されており、信用毀棄罪の構成要件該当性は広く認められる方向にございますね。
       今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます!
       有難うございました♪
       

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 遺言書の文面全体の左上から右下にかけて、赤色のボールペンで1本の斜線が引かれていた場合の、遺言書の効...
  2. 早いもので今年も,プロ野球はシーズン公式戦を終え,日本シリーズを残すのみとなり,ドラフト会議を間近に...
  3. こんにちは。
ページ上部へ戻る
this site uses the awesome foot notes Plugin