面会交流

  1. 父母の離婚にともなう子の面会交流 ~ 間接強制を見据えた条項の定め方など

    夫婦が別居や離婚によって親が子どもと離れて暮らすことになってしまった場合、父母間の協議を原則として親子が面会その他の交流をするために必要な事項を定めることとなっています(民法766条1項)。この場合においては、この利益を最も優先して考慮しなければなりません(同条同項)。

ページ上部へ戻る
this site uses the awesome footnotes Plugin