ブログ

【医療】投与薬剤の副作用についての説明義務違反があったとされた判例

(Facebookに2011,5,23に投稿した記事を転載したものです。)

皆様、猛暑のなか、いかがお過ごしでしょうか。

さて今回は、医師の方々向けの雑誌、 「Doctor’sMagazine2010年4月号」(㈱メディカルプリンシプル社)に寄稿させて頂きました原稿を、本サイト上部のタグ中、「図書館(原稿・資料等)」に収録させて頂きましたので、ご紹介させて頂きます。
札幌地方裁判所判決/平成18年(ワ)2809号 (判例タイムズ1274号214頁)
-薬剤を投与するに際しては、患者に対し投与薬剤の副作用について説明を -
~投与薬剤の副作用についての説明義務違反があったとされた判例~

についてのご紹介です。ご参考になりましたら幸いです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 役職定年制(管理職定年制度)とは、部長や課長といった管理職社員を対象とし設定した年齢に達すると...
  2. かつての終身雇用制度が崩れつつある現在、転職あるいは独立することでキャリアアップに繋げている皆様も多...
  3. 遺言書の文面全体の左上から右下にかけて、赤色のボールペンで1本の斜線が引かれていた場合の、遺言書の効...

Facebook Messenger

ページ上部へ戻る
this site uses the awesome footnotes Plugin