ブログ

【震災・特許庁】東日本大震災に伴う特許庁の対応について(特許庁)

(Facebookに2011,4,27に投稿した記事を、現状に併せて修正のうえ転載しております。)

2011,4,27に特許庁より、下記のプレスリリースが改めて出されました。
特例措置として、
(1)各種手続(特許出願の審査請求等)の期限を延長(本年8月末まで
特許出願の審査請求や特許料等の納付手続、審判請求など37の手続について、震災の影響により期間内に手続ができなくなった場合には、申請により平成23年8月31日まで手続期間を延長します。

(2)海外特許庁への特例措置の要請
外国出願等の手続についても、震災の影響により手続が困難な場合があ
ることから、海外の90ヶ国・地域の知的財産庁に対して、料金納付等の
手続期間の延長等の特例措置を要請しました。4月26日現在で43ヶ国・地域の知的財産庁(米国、欧州、中国、韓国等)が特例措置を発表しています。
被災地の方々はどうぞご留意下さいませ。
⇒ 東日本大震災発生に伴う特許庁の対応について(2011,4,27)

さらにその後、 現在も特許庁サイトで公表されているものとして、
⇒ 手続期間の延長に係るQ&A
⇒ 東日本大震災の発生に伴う各国・地域の知財庁の救済措置等について 2011.7.29
⇒ 震災復興支援早期審査・早期審理の開始について 2011.7.28
がございますので、ご参照下さい。

関連記事

おすすめ記事

  1. 役職定年制(管理職定年制度)とは、部長や課長といった管理職社員を対象とし設定した年齢に達すると...
  2. かつての終身雇用制度が崩れつつある現在、転職あるいは独立することでキャリアアップに繋げている皆様も多...
  3. 遺言書の文面全体の左上から右下にかけて、赤色のボールペンで1本の斜線が引かれていた場合の、遺言書の効...

Facebook Messenger

ページ上部へ戻る
this site uses the awesome footnotes Plugin