ブログ

【建築】 追加工事?それとも、サービス工事?

(Facebookに2011,2,17に記載したコラムを転載したものです。)

今回は、建築(内装インテリア工事含む)の場面でよく問題となる、「これは追加工事?それともサービス工事?」についてちょっと触れてみたいと思います。実は、建築裁判や調停の場面でよく争いになるのがこの点です。施主(=依頼者)にとっては、ある工事が基本工事(=本来の工事)の「追加工事」であると認められれば、その分余計に工事代金を支払わなければならず、逆に、「サービス工事」であると認められれば、請負主(=建築業者など)は、その工事代金を自ら負担しなければならなくなります。

私自身、現在実際に、この点が問題となっている建築訴訟を抱えております。

このような争いを事前に回避する為には、

1) 基本工事(=本来の工事)の内容について、施主、請負主双方立ち会いのもとで、しっかりと図面、文書、見積書(・・・一式、などの表現はせず、詳細に記載すること)によって特定しておき、残しておくこと(CADなどで次々と更新しないこと)。

2) 追加工事、変更工事を行う際には、事前に、請負主から施主に対して工事費用について説明を行い、別途見積書を作成し施主から確認サインを貰っておくこと。

3) 工期遅れ等の関係でやむを得ず、別途見積書を作成できないときは、これに代わる工事打合せメモ等を作成し、施主から確認サインを貰っておくこと。

このようなことで、建築訴訟、建築調停のゆくえはかなり変わります。特に、内装工事、インテリア工事ではこのようなことが曖昧に進められ、後に紛争になることが多いので、ご参考になれば幸いです。

関連記事

おすすめ記事

  1. 役職定年制(管理職定年制度)とは、部長や課長といった管理職社員を対象とし設定した年齢に達すると...
  2. かつての終身雇用制度が崩れつつある現在、転職あるいは独立することでキャリアアップに繋げている皆様も多...
  3. 遺言書の文面全体の左上から右下にかけて、赤色のボールペンで1本の斜線が引かれていた場合の、遺言書の効...

Facebook Messenger

ページ上部へ戻る
this site uses the awesome footnotes Plugin