ブログ

(よもやま話)民事裁判は傍聴していてもつまらない?

(Facebookに2011,2,7に投稿したコラムを転載したものです。)

裁判員制度が始まってから、一般の方々の裁判傍聴も始まった感がございます。

しかしながら、いわゆる裁判ドラマのような法廷を観ることができるのは、刑事事件のみ。

民事事件で、一般の方が傍聴できる口頭弁論手続(普通の法廷で行われる手続)では、「書面主義」が採られておりますので、主張は全て書面で行いますので、原告・被告間で主張書面と書証(証拠)を提出し合って、次回期日までに双方が進めるべきことを決定して、次回期日を裁判所と決めるだけ。1事件5分程度以内で終わってしまいます(証人尋問の時は別)。

したがって、もし裁判傍聴をなさる時には、刑事事件を傍聴なさることをお薦め致します!

関連記事

  1. Hello great website! Does running a blog such as this take a
    massive amount work? I’ve virtually no expertise in coding
    but I had been hoping to start my own blog in the
    near future. Anyhow, if you have any recommendations or techniques for new
    blog owners please share. I understand this is off subject but I just wanted to ask.
    Many thanks!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 役職定年制(管理職定年制度)とは、部長や課長といった管理職社員を対象とし設定した年齢に達すると...
  2. かつての終身雇用制度が崩れつつある現在、転職あるいは独立することでキャリアアップに繋げている皆様も多...
  3. 遺言書の文面全体の左上から右下にかけて、赤色のボールペンで1本の斜線が引かれていた場合の、遺言書の効...

Facebook Messenger

ページ上部へ戻る
this site uses the awesome footnotes Plugin