ブログ

【労働】労働審判制度の実務概観について

みなさま、こんばんは。金曜日深夜、いかがお過ごしでしょうか。
私は、NHK大相撲ダイジェストを観るために、目をこすって起きております(笑)

ところで(唐突ですが)、労働審判制度が定着した平成20年 6月7日(労働審判制度開始は平成18年4月1日)、「社労士21」さんという社労士の方々のグループ向けに講演させて頂きました際のレジュメ、

「労働審判制度の実務概観について」

を、「図書館(原稿・資料等)」(上記タブ)に収録させて頂きましたので、ご参考になれば幸いです。

⇒    https://www.facebook.com/lawshoh?sk=app_119178388096593

なお、近日中に、改めて現在の概況を書かせて頂ければと思っております。

関連記事

おすすめ記事

  1. 役職定年制(管理職定年制度)とは、部長や課長といった管理職社員を対象とし設定した年齢に達すると...
  2. かつての終身雇用制度が崩れつつある現在、転職あるいは独立することでキャリアアップに繋げている皆様も多...
  3. 遺言書の文面全体の左上から右下にかけて、赤色のボールペンで1本の斜線が引かれていた場合の、遺言書の効...
  4. 早いもので今年も,プロ野球はシーズン公式戦を終え,日本シリーズを残すのみとなり,ドラフト会議を間近に...
  5. こんにちは。
  6. 音楽などのエンターテイメントビジネスでも,インターネットビジネス等々,様々な場面で著作権譲渡であった...
  7. 近年,就労方法が多様化する中で,企業と雇用と被雇用の関係にあるのか否か(個人請負型就労者・雇用と自営...
  8. 皆様,お世話になっております。
  9. 週末,こんにちは。当コラム更新につき,大分間隔が空いてしまいました。
  10.   週末日曜日,こんにちは♪ 関東地方も,例年より早く,とうとう梅雨入りです。

Facebook Messenger

ページ上部へ戻る
this site uses the awesome footnotes Plugin