ブログ

(震災支援・よもやま話) 新年に入り、福島の仮設住宅に法律訪問に訪れます。

皆様、こんばんは。昨晩28日で仕事納めの企業様も多かったのではないでしょうか。
1年間お疲れ様でございました。m(_ _)m。
今年は、3・11の東日本大震災に始まり、色々と大変な年でございました。

このたび、年末に、「原子力損害賠償支援機構による訪問相談担当弁護士研修」が弁護士会でございまして、当職も受講して参りました。

そして、1月中旬の日曜日、福島市笹谷東部仮設住宅に派遣される運びとなりました。

被災地においては、地区ごとによって、情報が十分行き渡っているところと、逆に情報が少ないところが散在しているようでございます。

私達にとりましても、通常の業務が応用できる部分はございますものの(東電の過失の立証は不要)、原子力損害紛争審査会が随時出しております、各種中間指針(最近では、平成23年12月6日中間指針追補)をよく熟読して臨まなければならないと思っております。

一弁護士に過ぎませんが、被災者の方々にとりまして、微力ながら何らかの支援ができますことを願わずにやみません。

関連記事

おすすめ記事

  1. 役職定年制(管理職定年制度)とは、部長や課長といった管理職社員を対象とし設定した年齢に達すると...
  2. かつての終身雇用制度が崩れつつある現在、転職あるいは独立することでキャリアアップに繋げている皆様も多...
  3. 遺言書の文面全体の左上から右下にかけて、赤色のボールペンで1本の斜線が引かれていた場合の、遺言書の効...

Facebook Messenger

ページ上部へ戻る
this site uses the awesome footnotes Plugin