ブログ

【交通事故】(よもやま話)平成24年版「赤い本」ゲラチェック完了!

皆様、こんばんは。
今日から三連休、お仕事の方、お休みの方、いかがお過ごしでしょうか。
昨日(1/6,金曜日)は、(財)日弁連交通事故相談センター東京支部委員(弊職も委員として在籍中です♪ )が霞ヶ関の弁護士会館の一室に集まり、皆で、新年2月上旬に販売になります、「民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準」(通称「赤い本」)の入構ゲラチェックを行いました。

この書籍は、交通事故を扱う弁護士の多くが所持しているもので、過去の交通事故判例を毎年集積しながら、損害賠償の各費目の算定基準、交通事故の各パターン事例による過失相殺の割合等をまとめており、毎年更新されている書籍です。
(財)日弁連交通事故センター東京支部委員が、夏・秋の合宿などを経ながら毎年半年以上かけて判例等を洗い直しており、(財)日弁連交通事故相談センター東京支部が発刊しております。

一般の書店ではお求めにはなれないのですが(弁護士会館では、2月の弁護士会選挙の期日に大々的に販売しております)、日弁連交通事故相談センターのwebサイトからご購入頂けます。

2月上旬に改訂版が出版されましたら、交通事故を取扱いになられます方は是非お買い求め下さいませ♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 役職定年制(管理職定年制度)とは、部長や課長といった管理職社員を対象とし設定した年齢に達すると...
  2. かつての終身雇用制度が崩れつつある現在、転職あるいは独立することでキャリアアップに繋げている皆様も多...
  3. 遺言書の文面全体の左上から右下にかけて、赤色のボールペンで1本の斜線が引かれていた場合の、遺言書の効...

Facebook Messenger

ページ上部へ戻る
this site uses the awesome footnotes Plugin