知的財産

  1. 【知財】 最高裁、いわゆるピンク・レディー訴訟でパブリシティー権は認めるが侵害否定

    皆様、週末の日曜日朝、いかがお過ごしでしょうか。(と申しつつ、この記事を書いているのは土曜日深夜なのですが(^^ゞ)各種報道等が既になされましたとおり、今月(平成24年2月)2日、最高裁判所第一小法廷(桜井龍子裁判長)において、いわゆる「ピンクレディー訴訟」に判決が出されました。

  2. 【知財】 いわゆる「切り餅訴訟」につき、知財高裁の中間判決が出ました。

    切り餅の側面に切り込み(スリット)を入れて、餅が焼いて膨らんだ時に表面が破れないよう工夫した特許権が侵害されたとして、「越後製菓」が、「佐藤食品工業」に対し「サトウの切り餅」など5商品の製造・販売差し止めや14億8,500万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、知財高裁(飯村敏明裁判長)は本日7日、「...

  3. 【著作権】他人の著作物を引用するにあたっての注意点

    (Facebookに2011,2,11に投稿したコラムを転載したものです。)さて今夜は、著作権でよく問題となる、他人の著作物の「引用」をする際の注意点について触れたいと思います。原則として、他人の著作物を利用するためには、その著作権者から利用許諾を得る必要があります。

  4. 【特許権】従業員の職務発明・業務発明・自由発明に対し、会社が行っておくべきリスクヘッジについて

    (Facebookに2011,5,4に投稿したコラムを転載したものです。)会社の従業者が新しい技術を発明した場合、会社がその新しい発明技術を利用するにあたって何か特別な対応は必要となるのでしょうか。

  5. 【特許法】知財戦略コンサルティング活用事例集2011(関​東経済産業局)

    (Facebookに2011,7,6に投稿した記事を転載したものです)関東経済産業局の広域関東圏知的財産戦略本部では、中小企業に​おいて知的財産経営を確立するための事例集(添付)をとりまとめ​、公表しております。

おすすめ記事

  1. 2019.5.12

    役職定年制導入に伴う就業規則変更の問題点

    役職定年制(管理職定年制度)とは、部長や課長といった管理職社員を対象とし設定した年齢に達すると...
  2. 2019.5.2

    転職・独立 ~ 気をつけたい前勤務先との競業避止義務違反

    かつての終身雇用制度が崩れつつある現在、転職あるいは独立することでキャリアアップに繋げている皆様も多...
  3. 2015.11.24

    赤色ボールペンで一本斜線が引かれた遺言書の効力・最高裁判例

    遺言書の文面全体の左上から右下にかけて、赤色のボールペンで1本の斜線が引かれていた場合の、遺言書の効...
  4. 2015.10.20

    プロ野球ドラフト会議と職業選択の自由,及び独占禁止法との関係について

    早いもので今年も,プロ野球はシーズン公式戦を終え,日本シリーズを残すのみとなり,ドラフト会議を間近に...
  5. 2014.9.5

    写真などへの写り込み,入り込みと著作権侵害について- Facebookなどを楽しむ上で。

    こんにちは。
ページ上部へ戻る
this site uses the awesome footnotes Plugin