親族関係

  1. 父母の離婚にともなう子の面会交流 ~ 間接強制を見据えた条項の定め方など

    夫婦が別居や離婚によって親が子どもと離れて暮らすことになってしまった場合、父母間の協議を原則として親子が面会その他の交流をするために必要な事項を定めることとなっています(民法766条1項)。この場合においては、この利益を最も優先して考慮しなければなりません(同条同項)。

  2. 自分が他界した後のパートナー配偶者の生活を守るために 〜 配偶者居住権の新設

    相続法改正と配偶者保護制度の新設高齢化社会を迎えた近年、夫婦の一方が先に他界した場合に残されたパートナー(配偶者)の生活基盤が不安定になる事例が度々社会問題化しておりました。

  3. 自筆証書遺言の方式要件の一部緩和 – 財産目録の活用

    遺言は、民法に定める方式に従わなければすることができない(民法960条)。

  4. 【 離婚調停 】 夫婦関係を修復・円満に戻すための調停もあるんです♪

     こんばんは。週半ばお疲れ様です♪本日は、昨日の、【 離婚調停 】 離婚調停はどのように申し立てるの?に関連して、” 夫婦関係を修復・円満に戻すための調停もあるんです♪ ” と、逆に明るい話題を綴りたいと存じます。結婚、悪いことばかりではない、ということで(‥ゞ。

  5. 【 離婚調停 】 離婚調停はどのように申立てるの?

     こんばんは。週前半、お疲れ様です。 今晩は、もしかしたら人生で避けられずに遭遇してしまうかもしれないアクシデント、について綴ってみたいと思います。(まだ未婚の方、夫婦関係が円満の方は、ご参考になさならいで下さいね♪)ユダヤの格言では、「 結婚へは歩け。離婚へは走れ。

ページ上部へ戻る
this site uses the awesome footnotes Plugin