労働法編

  1. 役職定年制導入に伴う就業規則変更の問題点

    役職定年制(管理職定年制度)とは、部長や課長といった管理職社員を対象とし設定した年齢に達すると役職を外れる人事制度で、企業組織内の人事の若返りや後進育成を主たる目的としており、近年多くの企業が採用し就業規則等で定めております。

  2. 転職・独立 ~ 気をつけたい前勤務先との競業避止義務違反

    かつての終身雇用制度が崩れつつある現在、転職あるいは独立することでキャリアアップに繋げている皆様も多いかと存じます。転職市場では採用企業の事業分野におけるキャリア保持者が有利になるため、前職と事業分野が同一、あるいは類似する企業に転職するケースが少なくありません。

  3. Eメール, LINE, Facebookメッセンジャーでの労働条件明示の留意点

    長期のGW休暇中の新元号令和元年初日、皆様いかがお過ごしでしょうか。当職は元気にGW期間中も法律相談をお受けしております。「GW期間中こそ法律相談を」サービスを是非ご利用下さいませ。さて本題に入ります。

  4. 【 交通事故・労災 】 女は顔が命!という時代もありました・・・。

    皆様,週末土曜深夜,お疲れ様です。そして,早起きの皆様,お早うございます<(_ _)>。本日は,労災,あるいは後遺障害による「等級認定」の,ご時世に応じた変更について綴りたく存じます。

  5. 【 労働問題 】 会社が従業員に対して損害賠償・弁償を請求する場合 ~ 全額請求できるわけではありません。

     こんばんは。週末も間もなく終わりですが、いかがお過ごしでしょうか。

ページ上部へ戻る
this site uses the awesome footnotes Plugin